交通事故の用語集

一覧へ戻る

RSD

Reflex Sympathetic Dystrophyの略で、日本語では反射性交感神経性ジストロフィーといいます。これは、外相などの不完全な末梢神経の損傷後に起こる、四肢のある部位における持続的な痛みのことです。RSDの診断は容易ではなく、また、RSDに罹患していると当然に一定の後遺障害が認められるわけでもありません。結局、痛みの部位、程度、治療経過、予後等と就労の内容等を総合的に検討して労働能力喪失率を判断するべきであるとされています。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ