交通事故の用語集

一覧へ戻る

MRI

MRIは、Magnetic Resonance Imagingの略称で、磁気によって怪我をした箇所を撮影して、検査をすることができる装置です。レントゲン撮影は、骨折などはよく検査できるのですが、椎間板の損傷具合、神経や血管の圧迫状況などといった人間の骨以外の柔らかい部分を十分に撮影することができません。そのため、たとえば交通事故により頚椎捻挫(いわゆる「むち打ち」)をした場合、MRIによる検査結果は後遺障害の有無を判断するのに重要な役割を果たします。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ