依頼者の意思の尊重

弁護士職務基本規程22条は、ご依頼者様の意思の尊重について以下のとおり規定しています。

第二十二条(依頼者の意思の尊重)

1 弁護士は、委任の趣旨に関する依頼者の意思を尊重して職務を行うものとする。

2 弁護士は、依頼者が疾病その他の事情のためその意思を十分に表明できないときは、適切な方法を講じて依頼者の意思の確認に努める。

 

弁護士は、ご依頼者様の権利と正当な利益を実現することを目的に業務を行いますが、そのためには、ご依頼者様の意思を尊重することが大前提となります。そして、ご依頼者様の意思を尊重するためには、ご依頼者様の意思を把握することが不可欠です。

当職は、ご依頼者様との密なコミュニケーションを非常に重視しており、弁護方針を決めるにあたっても、ご依頼者様に状況をきちんとご理解いただけるまで分かりやすく説明し、相談を重ねます。交通事故の事案についてサービスをご提供するにあたり、当職に対するご要望や疑問な点などがありましたら、遠慮なくお尋ねください。

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ