交通事故Q&A

交通事故の裁判などでよく争点になる知識についてまとめます。なお、当事務所に相談なさる場合は、わかりやすく説明しますので、あらかじめ交通事故についての知識を知っている必要はありません。ご安心ください。

交通事故の損害賠償責任を誰に追求できるのか

自動車の保有者が運転者としてではなく、同乗していて自己にあった場合、その保有者は自賠法3条の「他人」にあたるのでしょうか。

元請人は、下請人が起こした交通事故について、自賠法3条の「自己のために自動車を運行の用に供する者」として責任を負いますか。

自賠法3条により責任を負う「自己のために自動車を運行の用に供する者」とはどういう意味ですか。

私が名義を貸した他人の車が交通事故を起こした場合、私は運行供用者として、その自動車による交通事故の責任を負いますか。

車の助手席に同乗してその車の誘導をしていた人は、自賠法の責任を負いますか。

自賠法3条の免責が認められるのは、どのような場合ですか。

親が所有する自動車で、その子が交通事故を起こした場合に、親に対して自賠法上の運行供用者として責任を問うことはできますか。

会社の従業員が交通事故を起こした場合、会社に対して損害賠償を請求できないのでしょうか。

交通事故の被害者の親族が、たとえばショックでうつ病になってしまった場合、そのような親族の治療費は損害に含まれるのでしょうか。

加害者が自賠責保険に加入していなかった場合、交通事故の被害者はどうすればいいのでしょうか。

交通事故の加害者が未成年者であるとき、損害賠償などの責任を追及できるのでしょうか。

積極損害(交通事故により支出を余儀なくされた損害)

義眼、義歯、義手、義足などの装具については、どの程度が損害として認められるのでしょうか。

交通事故の被害に遭い、温泉療法を採った場合、その費用は、治療費として損害に含めてもらえるのでしょうか。

交通事故の被害に遭った場合、さしあたっての治療費は誰が支払うのでしょうか。

交通事故の被害者が負担した弁護士費用を、加害者側に損害として請求できるのでしょうか。

交通事故の被害に遭い、鍼灸やマッサージを受けたのですが、これらの費用は加害者に請求できる損害に含まれるのでしょうか。

交通事故の被害に遭い、入院した際に、医師などに謝礼を渡しました。これは加害者に請求できる損害に含まれるのでしょうか。

交通事故の被害者の看護に近親者が付き添った場合、基準で定められている金額とは別に、交通費は損害として認められるでしょうか。

交通事故の被害者の看護に近親者が付き添った場合、付添看護費が損害と認められるためには付添看護費を実際に支払う必要があるのでしょうか。

交通事故の被害に遭い、入院したのですが、病院の特別室を使用しました。特別室使用料も損害として加害者に請求できるでしょうか。

消極損害(交通事故により得ることができなくなった財産的損害)

交通事故の被害者についてRSDは認められますか。

交通事故の被害者についてPTSDは認められますか。

交通事故の時に被害者が学生である場合、休業損害は認められますか。

就労可能年数というのは、どのように計算されるのでしょうか。

外国人が交通事故の被害者の場合、その逸失利益はどのように算出されるのでしょうか。

交通事故に遭った際に無職だった場合に、休業損害は認められますか。

交通事故による休業期間中に、有給休暇を使用した場合に、その期間について、損害は認められるのでしょうか。

将来の昇給や昇任については、損害額の算定に含めて考えられるのでしょうか。

交通事故の被害者の看護に近親者が付き添った場合、付添人の休業による損害と付添看護費とはどのような関係になるのでしょうか。

給与所得者だったのですが、交通事故で怪我をし、症状固定前に退職した場合、休業損害はどのように算定されるのでしょうか。

サラリーマンが交通事故の被害に遭った場合、休業損害の基礎収入はどのように算定されるのでしょうか。

精神的損害(慰謝料)

入通院慰謝料(傷害慰謝料)はどのように算定されるのでしょうか。

後遺障害慰謝料はどのように算定されるのでしょうか。

被害者の近親者には慰謝料請求権がありますか。

交通事故でペットが死亡または怪我をした場合、慰謝料などの損害は認められますか。

不法行為により被害者が死亡した場合、被害者に慰謝料請求権は発生する(そして相続する)のでしょうか。

死亡慰謝料はどのように算定されるのでしょうか。

交通事故の慰謝料は、どのように算定されるのでしょうか。

交通事故の被害者が外国人の場合、慰謝料はどのように算定されるのでしょうか。

物的損害

交通事故により営業用車両が使用できなくなった場合、営業をしていれば得られたであろう利益は損害として認められますか。

物損については慰謝料は認められないのでしょうか。

被害車両の修理が可能で修理をした場合、事故歴がついたことにより評価が下落したことについては損害として認められますか。

交通事故によって車両が使えなくなった場合、代わりの車両を借りるのに要した費用は損害の対象にはならないのでしょうか。

交通事故によって被った物損は、いかなる場合も自賠責保険の対象にはならないのでしょうか。

交通事故で修理ができないほど自動車が壊れてしまいました。この場合、損害額はどのように考えればいいのでしょうか。

示談金・損害賠償額の減額

保険金は、損益相殺の控除の対象となる給付に含まれますか。

交通事故の被害者の体質的・身体的な要因は、損害額の算定にあたって考慮されるのでしょうか。

交通事故の被害者の心因的要因は、損害額の算定にあたって考慮されるのでしょうか。

運転者の好意により同乗していたことは、損害賠償額の減額事由にあたるのでしょうか。

被害者が小さな子供である場合でも、過失相殺として、損害額が減額されることがあるのでしょうか。

その他

交通事故のトラブルについては、保険会社との契約内容が問題になると思いますが、私は、保険契約約款の内容を理解していません。それでも私は保険契約約款に拘束されるのでしょうか。

交通事故の加害者が任意保険に加入しているかどうかを調べる方法はありますか。

交通事故の示談交渉はいつ頃から始めればいいのでしょうか。

交通事故の被害者が、示談に応じると、加害者の刑事事件にも影響するのでしょうか。

会社の役員が交通事故で負傷し、就労できないため会社の収益が悪化した場合、会社は、加害者に対して損害を請求できるのでしょうか。

交通事故後に被害者が自殺した場合、被害者の相続人は被害者の死亡による損害賠償を請求できますか。

交通事故の損害賠償の遅延損害金というのは、どの時点から発生するのでしょうか。

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ