交通事故の用語集

一覧へ戻る

重過失減額

自賠責保険の支払基準には過失相殺というものがありません。そのかわりに、重過失減額という制度があります。ですから、自賠責保険はどんな場合でも損害の満額が支払われるわけではありません。具体的には、被害者の過失割合が7割以上10割未満の場合には支払い基準の中で、重過失減額という適用がなされています。7割以上10割未満の場合、障害に関しては2割が減額されます。後遺障害と死亡の場合には、被害者の過失割合が7割以上8割未満であれば2割減額、8割以上9割未満であれば3割減額、9割以上10割未満であれば5割減額と定型的な運用が重過失減額としてされています。なお、素因減額は、一般には過失相殺の問題として考えられていますが、過失相殺の概念がない自賠責においては、素因減額は因果関係の問題として処理されていると言われています。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ