交通事故の用語集

一覧へ戻る

過失相殺

交通事故などの不法行為に関して、被害者にも過失があったような場合に、被害者に発生した損害の一定割合(=過失割合)につき、被害者の損害額から差し引くという制度です。これは、発生した損害を、加害者と被害者との間で公平に負担させるためのものです。もちろん、加害者側の完全に一方的な過失によって事故が起きた場合は、過失相殺はなされません。裁判実務上、交通事故における過失割合は、数多くの裁判例の蓄積の結果、交通事故の類型に応じて、ある程度定型的に考えられています。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ