交通事故の用語集

一覧へ戻る

過失割合

交通事故が生じた場合に、事故の責任の度合いを両者で割り当てて決める責任の割合のことを過失割合といいます。過失割合は、事故の類型・態様に応じて大体の目安が定型的に決められており、被害者側の実感とは差がある場合があります。たとえば、もらい事故などの場合、自分は全く悪くないと思うかもしれません。しかし、基本的に車同士の交通事故であれば、過失割合が0対100というのは、きわめて例外的なケースだといえ、多くの場合は類型的な例から修正要素を加味して過失割合が出るのが実務の運用です。過失割合は、任意交渉段階で争いになると意外に長期化することが多いといえます。交通事故などの不法行為において過失割合が決まると、生じた損害について、分担する計算をすることになり、これを過失相殺といいます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ