交通事故の用語集

一覧へ戻る

過剰診療

過剰診療とは、診療行為の医学的必要性ないしは合理性が否定されるもののことをいいます。交通事故の損害賠償金として認められる治療費は、必要かつ相当な実費とされていますから、医学的な必要性、あるいは合理性が否定されてしまう診療の場合、治療費が必要以上に高額となってしまい、その実費全額を加害者に負担させるのは不公平であり、妥当ではないため、賠償が認められないことがあるのです。たとえば、不必要に高い病院の個室に入院をしたりするようなケースです。治療費は、積極損害の典型ですが、積極損害であっても認められないものがあることにご注意ください。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ