交通事故の用語集

一覧へ戻る

運行起因性

運行供用者の責任(自賠法3条)が成立するためには、運転者の自動車運行があるだけでは足りず、発生した損害が、「運行によって」生じたものであることが要件となっています。すなわち、自動車運行と発生した損害との間に因果関係がある必要があるということです。これを「運行起因性」といいます。最高裁判所の判例によると、ここにいう因果関係というのは、いわゆる相当因果関係が必要だとされています。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ