交通事故の用語集

一覧へ戻る

逸失利益

交通事故などの不法行為で死亡すれば、労働能力を完全に喪失し、就労していたならば得られたであろう収入を失うことになります。また、傷病が治癒しても後遺障害がある場合には労働能力が低下し、また、収入が減少するのが一般的です。このような労働能力の喪失による将来発生するであろう収入の減少のことを逸失利益といいます。後遺症や死亡による逸失利益の考え方には、後遺症によって現に発生した収入減少額をもって逸失利益(損害)とする見解(これを差額説といいます)と、後遺症によって喪失した労働能力をもって逸失利益(損害)とする見解(これを労働能力喪失説といいます)があります。実務においては、労働能力喪失率の表を参考に逸失利益の算定が行われるので、この見解の相違が逸失利益の算定に大きな影響を与えることはあまりありません。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ