交通事故の用語集

一覧へ戻る

調停

交通事故の被害者本人が法的手続をとる場合には、民事調停は比較的簡易な手続であり、よく用いられています。加害者に任意保険が付いている場合には、事実上の相手方は保険会社となりますので、保険会社側はその場で意思決定をできないことが多く、調停委員の説得によって合意にいたるのは難しいかもしれません。他方、加害者に任意保険がついていなくて、調停委員に加害者本人を説得してほしいときや、債務名義を得たいときは、調停の手続も効果的だと思われます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ