交通事故の用語集

一覧へ戻る

評価損

交通事故で自動車が壊れた場合に、修理してもなお自動車としての機能、外観が完全に修復せず、事故前と比較して価値の減少がある場合はもちろん、機能、外観が完全に修復したとしても、事故歴、修理歴それ自体が価値の減少をきたすのが通常ですので、その場合に、その価値の減少分が評価損として損害賠償額に加えられます。評価損は、格落ちといわれることもあります。評価損を認めた裁判例の多くは、修理費の一定割合を損害額としており、具体的には、修理費の10~30%を損害として認定することが多いようです。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ