交通事故の用語集

一覧へ戻る

診断書

診断書には、医師が被害者の傷病名と治療の内容、また入通院の期間などが書かれているため、保険金の請求や、加害者に対する損害賠償請求などにおいて必要となる書類です。交通事故においては、後遺障害診断書が重要となります。後遺障害診断書を記載してもらうということは、それ以上の治療をしても残存してしまった傷害の程度が改善されない状態である(これを症状固定といいます)ことを意味します。保険会社も症状の固定以後(後遺障害の診断後)の治療費は負担しないのが通常です。症状固定の後においても継続して対症的な治療が必要であったとしても、その症状の改善は見込まれないということで、交通事故として相手方に損害賠償を請求できる範囲の治療は一応終了したこととなるからです。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ