交通事故の用語集

一覧へ戻る

被害者請求

交通事故において、加害者が加入していた自賠責保険の保険会社に対して、被害者は直接保険金の支払いを請求することができます。これを被害者請求といいます。自賠責保険を請求する場合、加害者が請求する場合と、被害者が請求する場合があります。本来であれば、被保険者である加害者に保険金が支払われるのがはずですが、もし加害者が被害者に損害賠償をしようとしない場合に、被害者は加害者に対して訴訟を提起するなど大変な労力をかける必要が生じ、被害者保護に欠けることとなります。ですから、加害者が被害者に損害賠償金を払わなければ、被害者は、直接、自賠責保険会社に損害賠償を請求することができる仕組みになっているのです。任意保険についても原則として同様の仕組みがありますが、支払われるまでの手続きは異なる点もあります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ