交通事故相談Q&A

一覧へ戻る

交通事故の相談

被害者が小さな子供である場合でも、過失相殺として、損害額が減額されることがあるのでしょうか。

交通事故の相談への回答

過失相殺の前提として被害者の過失を考慮するためには、被害者にどの程度の能力が必要なのかという問題です。この問題については、最高裁判所の判例は、未成年者に事理を弁識するに足る知能が備わっていれば足りるとして、事故当時8歳の男子について、過失相殺されるべき過失があると判断しています。この点、未成年者が他人に加えた損害につき、その不法行為上の賠償責任を問うには、未成年者がその「行為の責任」を弁識するに足る知能を備えていることを要することと異なります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ