交通事故の用語集

一覧へ戻る

葬儀関係費

葬儀関係費については、実務上は、150万円以上の費用がかかった場合に、150万円の範囲で損害として認められます(現実に支出した金額がこの金額を下回るときは現実に支出した金額が損害として認められます)。葬儀関係費には、葬祭費、供養料のほか、弔問客に対する接待費、遺族自身の交通費、四十九日忌までの法要費等は、相当なものに限り賠償が認められています。なお、香典をもらったからといって、損害額からは控除されませんが、逆に、香典返しが損害に含まれるわけではありません。その他、仏壇購入費、墓碑建設費は葬儀関係費とは別に損害として認められる場合があります(被害者の年齢や家族構成などの事情を考慮して、社会的通念上相当と認められる範囲に限定されます)。保険会社が提示する示談書にサインする前に、このような細かい項目まできちんと専門家にチェックしてもらうことをお勧めします。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ