交通事故の用語集

一覧へ戻る

自賠責保険

自賠責保険というのは自動車損害賠償責任保険の略称です。全ての自動車が加入することを義務づけられている強制保険で、人損事故だけが補償の対象となっており、物損事故や自損事故は対象になりません。一般の保険では被害者にも過失がある場合にはその過失割合に応じて保険金の給付額が減額されますが、自賠責保険の場合は、被害者の救済を目的にしていますから、被害者に重大な過失が無い限り減額されません(これを重過失減額といいます)。自賠責保険は、賠償金の限度額が定められており、たとえば被害者1名が傷害を受けた場合は120万円、死亡した場合は3000万円と設定されています。 自賠責保険は、自賠法により加入を強制されている保険で、未加入のまま自動車を運転すると、行政上の責任や刑事責任を負うことがあります。なお、自賠責保険の請求方法は、加害者請求と被害者請求の2種類あります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ