交通事故の用語集

一覧へ戻る

自覚症状

交通事故の被害者自身が感じている痛みなどの症状のことを自覚症状といいます。後遺障害等級認定においては、基本的には他覚症状(医師や他人が見ることのできる症状)が認められることが前提という運用になっていますので、自覚症状があるというだけのケース(むち打ち症の場合にこのようなことが多いと言われています)では、後遺障害等級認定をしてもらうことは難しいのですが、受傷当初から症状の訴えの一貫性が認められることを理由の1つとして等級認定される例もあります。神経障害を医学的に証明することは難しいのですが、自覚症状を後遺障害診断書に書いてもらい、画像所見(MRI画像による神経根圧迫所見など)や神経学的検査による異常所見と合わせることで、神経障害を証明できるケースもあります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ