交通事故の用語集

一覧へ戻る

自動車税

自動車税というのは、4月1日現在の自動車の保有者に対して課される税金で、毎年4月1日から翌年3月31日までが対象期間となります。新規登録の場合は、登録日の翌月から翌年3月31日までが対象期間となり、期間途中で廃車にした場合には、月割計算により還付されます。車の主たる定置場所在の都道府県において課税され、対象となる自動車は、普通自動車と三輪以上の小型自動車です。税額は、自動車の種類、用途、排気量などにより決まります。交通事故についていえば、車損事故の場合に、損害に含まれるかどうかが争われます。なお、自動車税は、自動車重量税や自動車取得税とは異なりますからご注意ください。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ