当法律事務所では、自動車事故の被害者の経済的負担を軽くしたいとの考えから、自動車事故の被害者を対象とした弁護士の無料相談サービスを実施しています。

自動車事故 裁判

自動車事故の被害に遭い、このページをご覧になっている方が多いのではないかと思います。

あなたやご家族が、もし運悪く自動車事故の被害者となってしまい、加害者側の保険会社との話し合いになったとき、示談や裁判など法律的な観点からどのような処理をするべきか判断する必要があります。

では、示談に合意してしまったほうがよいのか、示談には応じずに訴訟などの裁判手段を選んだ方がよいのか、どのように判断すれば良いでしょうか。

裁判をするには、「費用」と「時間」がかかります。お金も時間も自動車事故の被害者にとって大切なものでしょうから、これらを投じてでも裁判で戦うべきか、という観点から裁判手続を利用するかどうかを検討する必要があるのです。

かかる「費用」としては、印紙代などの実費のほか、裁判の手続を弁護士に依頼する場合には、弁護士に支払う費用・報酬が必要となります。弁護士に支払う費用・報酬は、各弁護士によって区々です。

かかる「時間」については、多くの場合、訴訟を提起してから第一審の判決まで、1年程度かかると考えておいた方が良いでしょう。証人尋問など、手続が複雑になると、さらに長い期間を要するケースもあります。また、たとえ第一審で満足のいく判決を得られたとしても、保険会社側が控訴すれば、さらに時間がかかります。ただし、途中で和解をして裁判手続を終えることもできます。

費用をかけつつ、長期間、裁判の手続に関わることは、自動車事故の被害者にとって、大きな負担になると思います。まずは裁判の専門家である弁護士に具体的な事情を相談し、裁判にかかる費用や時間の見通しを聞いてみることをお勧めします(当事務所であれば、自動車事故被害者については無料相談をお受けしています)。

私たちは、自動車事故の被害者のサポートをしています。「裁判をした方がいいのかな」と疑問に思ったら、気軽に相談してください。ご連絡をお待ちしております。
連絡先:交通事故の相談は弁護士に

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ