自動車事故 被害者の弁護士特約

自動車事故の被害に遭い、このページに行きついた事故の被害者の方が多いのではないかとお察しします。もしあなたが自動車事故の被害者でしたら、どうか最後までこのページを読み進めてください。

ここでは、弁護士特約についてご説明いたします。

まず、弁護士特約というのは、自動車保険についている特約のことで、正式には、弁護士費用特約といいます(「べんとく」と呼ばれることもありますが、ここでは単に「弁護士特約」と呼びます)。一般的には、弁護士特約の内容は、被保険者あたり上限300万円の保険金が支払われるという弁護士特約が多いようです。

弁護士特約は、弁護士報酬のほか、訴訟費用、仲裁・和解もしくは調停のための費用などをカバーするのが通常です。

ですから、自動車事故の被害者の方(あるいは被害者のご家族の方)で、弁護士特約に加入している方は、ぜひこれを利用して、弁護士に相談するべきでしょう。なぜなら、ご自身で弁護士費用を負担することなく、弁護士があなたに代わって保険会社と示談交渉し、良い条件で示談をすることができるからです。

なお、弁護士特約に加入しているにもかかわらず、弁護士特約に加入していることを確認しないまま、自力で保険会社との示談の合意をしてしまう方がいらっしゃいます。これは、とても勿体ないことです。保険証券(又は共済証券)の特約欄を見れば、あなたが弁護士特約に加入しているかどうかを確認できます。また、電話などで保険会社に弁護士特約の有無を確認することもできます。

また、被保険者ご自身はもちろん、ご家族が自動車事故の被害者になってしまった場合についても弁護士特約を使うことができることが多いのです(今一度、保険の内容をご確認ください)。運悪くしてご家族が自動車事故の被害者となられた場合も、あきらめずに弁護士に相談することをお勧めします。

弁護士特約のポイント

弁護士特約については、誤解されていることが多いので、いくつかポイントを挙げて説明いたします。

まず、自動車事故の被害者の中には、弁護士特約には加入しているけれども、弁護士特約を使うと保険の等級が下がってしまい、その結果、保険料が上がってしまうことを心配する方がいらっしゃいます。しかし、弁護士特約を使っても基本的には保険の等級は下がりませんので、その点はご安心ください。 

また、自動車事故の被害者の中には、自分にも非がある場合には弁護士特約を使えないと誤解している方もいらっしゃいます。しかし、あなたの側にも自動車事故についての過失がある場合であっても、問題なく弁護士特約を利用することができますたとえば、保険会社から、「被害者であるあなたの側にも事故について2割の過失がある」などと言われている場合であっても、弁護士特約は利用できるのです

さらに、自動車事故の被害者の中には、弁護士特約を利用する場合は、弁護士を指定されると誤解している方もいらっしゃいます。しかし、弁護士特約を利用する場合も、相談すべき弁護士が指定されるわけではありません。どの弁護士に相談するかはあなたが自由に選ぶことができますしたがって、まずは無料相談を受け付けている自動車事故の問題に強い弁護士にお悩みを相談し、信頼できる弁護士か確認のうえ事件解決を依頼することをお勧めします。当事務所も自動車事故の被害者(または被害者のご家族)については、無料相談(事前予約制としております)を随時受け付けておりますので気軽にご利用ください

弁護士特約は、うまく利用すれば非常に使い勝手の良い保険サービスです。まずは弁護士特約の加入の有無を確認のうえ、うまく弁護士特約を利用してください。
連絡先:交通事故の相談は弁護士に

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ