自動車事故の示談

運悪くあなたが自動車事故の被害者となってしまった場合、あなたはまず何をしなければならないでしょうか。

何よりもまずは自動車事故により負った怪我の治療が大切です。気になる症状があれば、医師の診察を受けましょう。

他方で、怪我の治療と並行して、あなたは、加害者側の保険会社を相手にして、示談(*)の条件について交渉することになります(加入している保険会社は、あなたが被害者のときは交渉を代行してくれません)。

自動車事故の被害に遭ったうえに、さらに面倒な示談交渉や手続きを強いられるのです。保険会社があなたに代わって交渉してくれるのは、自動車事故の加害者となった場合だけです。自動車事故の(加害者ではなく)被害者となってしまった場合、あなたの保険会社は、代わりに加害者や加害者側の保険会社と交渉してくれません。

しかしながら、示談交渉といっても、多くの方は、示談のために必要な知識や経験がありませんから、相手方の保険会社の言いなりになり、保険会社の都合で決められた示談の条件に合意してしまうことが多いのが現状です。保険会社から「この示談金額が保険会社として出せる最大額です」「これが示談の相場ですよ」などと言われると、素人では反論できなくなってしまうのです。

その結果、本来受け取る権利がある金額よりも低い示談の金額で合意してしまう自動車事故の被害者が多いのです。しかし、私達弁護士は、自動車事故の被害者として本来受け取る権利のある金額は全額受け取るべきであると思います。

そのような思いから、当事務所は、自動車事故の被害者の示談については、弁護士による無料相談をお受けしています。もし、加害者側の保険会社との示談についてお悩みがありましたら、一度ご連絡ください(無料相談は予約制です)。

まずは自動車事故の示談について抱えていらっしゃるお悩みを、自動車事故の問題に強い弁護士に話してみませんか。当事務所は「少しでも自動車事故の被害者を救いたい」という強いポリシーを持っています。自動車事故の加害者側の相談は一切受け付けていません。私達は、自動車事故の被害者の味方です。
連絡先:交通事故の相談は弁護士に
[お願い] 毎日多くの自動車事故の示談の相談のご予約・お問い合わせをいただいております。その関係で、弁護士の予定によってはご相談をうかがうまでに若干お時間がかかる場合がございますので、どうか予めご了承下さい。

(*) 自動車事故の示談とは、事故の当事者が歩み寄って、裁判によらずに双方の合意により解決する契約です。示談の内容が書かれた示談書においては、当事者がそれぞれこの自動車事故についてどのような責任を負うのかを取り決めます。一番大切であり交渉の焦点となるのは示談金の額です。

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ