自動車事故 示談金の相場

もしあなたが、運悪く自動車事故の被害に遭い、情報を求めてこのページに辿り着いたのであれば、私たち弁護士がお役に立てるかもしれません。どうか最後までこのページを読み進めてください。

自動車事故の示談金の相場の考え方

自動車事故の被害者が被った損害については、被害者は、加害者側(の保険会社)に対して示談金という形で請求するのが一般的です。示談金の額は、交通事故の態様、後遺障害の有無など事故の状況に応じて個別に計算されます。

ただ、自動車事故の処理の実務においては、このような類型の自動車事故ならこのくらいの示談金の額であるという相場のようなものが存在します。その相場が1つだけなら話は簡単なのですが、実はその相場というのが3つもあるのです。

そこで、自動車事故の被害者として知っておくべき重要なことは、加害者側の保険会社の言うことを鵜呑みにして示談に応じてしまうと、本来であればもらうことができたはずの示談金を受け取ることができなくなるということです。

なぜそんなことが起こるのか、もう少し詳しく以下にご説明いたします。

上記のとおり、自動車事故の実務では、事故の類型に応じた相場のような形で、自賠責保険、任意保険、弁護士会(裁判所)それぞれにおいて、賠償額(示談金)を計算する基準が設けられています。これらの3つの基準は、次のような大小関係が成り立っています。

自賠責保険の基準 < 任意保険(保険会社が設定する基準) < 弁護士会(裁判所)の基準

つまり、保険会社が設定している示談金の額(=保険会社が示談金として提案する額)は、本来もらえるはずの弁護士会(裁判所)の基準にもとづく示談金の額よりも低いのです。

あなたが保険会社から提示された自動車事故の示談金の額が適正なのかを考えるうえでは、この事実をまず知っておく必要があります。

自動車事故の被害者が弁護士会基準の示談金を得るには

保険会社が提示する示談金より高額な、弁護士会(裁判所)の基準にもとづく示談金を受け取るためにはどうしたら良いのでしょうか?

あなたがご自分で自動車事故処理のプロである保険会社に対して、「弁護士会(裁判所)の基準で示談金の額を計算して欲しい」と言ってみたらどうなるでしょう?

「これが示談金の相場です」「あなたにも過失がありますから、さほど高い金額は払えません」(*これらは保険会社の常套句です!)などと保険会社に言われてしまうと、その後どのように交渉を有利に進めれば良いのか分からない方が多いでしょう。

もしあなたご自身が保険会社と示談金について交渉することが難しいのであれば、自動車事故の問題に強い弁護士に交渉を委任するのも一つの方法です。(ちなみに、あなたが交通事故の被害者となってしまった場合、あなたの保険会社は、代わりに加害者や加害者側の保険会社と交渉はしてくれません。保険会社が代わりに交渉してくれるのは、あなたが交通事故の加害者となった場合に限られますのでご注意ください。)

当法律事務所では、自動車事故の被害者(またはそのご家族)の経済的な負担をなるべく小さくしたいとの考えから、示談金に関する自動車事故の被害者(またはご家族)からの相談については、相談料0円、着手金0円で受け付けています

弁護士にお支払いいただく費用としては、賠償額(示談金)の10%(税別)のみご負担いただきますが、さらに、示談金の10%のうち、当初の保険会社の提示額を下回る金額については報酬をいただきません。つまり、ご相談者にとっては全く経済的リスクなしで相談していただくことができるようにしました。このノーリスクな費用体系は、多くのご相談者から非常にご好評をいただいております(詳しくは弁護士費用のページをご確認ください)。

当法律事務所は、保険会社との交渉力に自信があるので、このような費用体系を採用しています。また、自動車事故の被害者を徹底的にサポートするというポリシーを持っています。したがって、加害者側の相談や、保険会社の顧問などは引き受けていません。

まずは、自動車事故に遭って抱えている悩みを、私達弁護士に聞かせていただけませんか。あなたの無料相談のご予約をお待ちしております。
連絡先:交通事故の相談は弁護士に

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ