当法律事務所では、自動車事故の被害者の経済的負担を軽くしたいとの考えから、自動車事故の被害者を対象とした弁護士の無料相談サービスを実施しています。

自動車事故 示談の相場

自動車事故の被害に遭い、このページをご覧になっている方が多いのではないかと思います。もしあなたがその一人ならば、私たち弁護士がお役に立てるかもしれませんので、どうか最後までこのページを読み進めてください。

まず、自動車事故の被害者は、被ってしまった損害について、加害者側の保険会社を相手に賠償金を請求することができます。その場合、通常は、示談という形をとります。この示談の条件・金額は、自動車事故の態様、後遺障害の有無など、それぞれの事故ごとの事情にもとづいて決まります。とはいえ、自動車事故の示談には、ある程度の相場となる金額があるのが実務です。

まず被害者であるあなたが知っておくべきことは、保険会社の言うことを鵜呑みにして示談に応じてしまうと、本来であればもらえるはずの示談金額がもらえなくなってしまうということです。

この点について詳しく説明しますと、自動車事故の示談の実務においては、ある意味では相場のような形で、①自賠責保険、②任意保険、③弁護士会(裁判所)で、それぞれ賠償額(示談金)を計算する基準(相場)が設けられています。

示談の金額の基準は、以下のような大小関係があります。

①自賠責保険の相場 < ②任意保険(保険会社の相場) < ③弁護士会(裁判所)の相場

つまり、保険会社が設定している示談金の相場にもとづく示談金の額は、本来もらえるはずの弁護士会(裁判所)の相場にもとづく示談金の額よりも低いのです。

このことは、ほとんど知られていない事実のようで、実際、自動車事故の賠償金の計算には複数の基準があることをご存じの方は、これまでの相談者の中に、一人もいらっしゃいませんでした。

本来もらえるはずの弁護士会(裁判所)の相場にもとづく示談の金額を受け取りたいが、ご自身の力だけで保険会社と示談金の額について交渉することが難しいとお考えではないでしょうか。

そういう方は、交通事故の専門家である弁護士に交渉を依頼するのも一つの方法です。

弁護士が交渉をする場合は、保険会社は、もはや「これが本件自動車事故の示談の相場です」などと逃れることはできません。

当事務所では、自動車事故の被害者(またはご家族)の経済的負担をなるべく軽減したいとの考えから、示談に関する自動車事故の被害者やご家族の相談については、相談料0円、着手金0円でお受けしています

弁護士報酬としては、獲得した賠償額(示談金)の10%(税別)のみを負担していただきますが、この示談金の10%のうち、当初の保険会社の提示額を下回る金額については報酬をいただきません。

したがって、依頼者にとっては「トータルで見ると弁護士報酬を払ったから損した」というリスクが全くない条件でご相談いただくことができます。このノーリスク方式は、多くの方から大変ご好評をいただいております(詳細は弁護士費用のページをご覧ください)。

当事務所は、徹底的に自動車事故の被害者の示談をサポートするというポリシーをもった法律事務所です。安心してご相談ください。

まずは、自動車事故の被害者であるあなたがいま抱えているお悩みを、私達に話すことから始めませんか。
連絡先:交通事故の相談は弁護士に
※ 毎日多くの自動車事故の相談のご予約・お問い合わせをいただいております関係で、弁護士のスケジュールによってはご相談をうかがうまでに若干お時間をいただく場合がございます。どうか予めご了承下さい。

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ