交通事故相談Q&A

一覧へ戻る

交通事故の相談

義眼、義歯、義手、義足などの装具については、どの程度が損害として認められるのでしょうか。

交通事故の相談への回答

原則として、医師の指示にもとづき購入したのであれば、原則として義眼、義歯、義手、義足などの購入費は相当額が認められます。時間が経過すると交換する必要があるものについては、その必要期間または余命年数までの間の購入費用・交換費用も損害と認められます。裁判例においては、将来の購入費用・交換費用について、中間利息が控除されるかどうかはケースバイケースです。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ