交通事故の用語集

一覧へ戻る

素因減額

素因というのは、被害者の心因的要因及び身体的要因を意味します。そして、被害者に既往症があってその既往症が損害の拡大要因となっている場合や、被害者の心因的要因によって損害が拡大しているような場合に、加害者が賠償すべき損害賠償額を減額することを素因減額といいます。一般に損害の拡大について被害者の素因が寄与している場合には、過失相殺の考え方を類推して損害賠償額を減少されるときがあります。ただし、判例は、単なる身体的特徴(通常人に比べ首が長い)に関する素因減額の可否については、被害者の身体的特徴が損害の拡大に寄与したとしても、その身体的特徴がが疾患にあたらないときは、特段の事情がない限り、これを損害賠償の額を定めるにあたり斟酌することはできないと判断しています。 

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ