交通事故の用語集

一覧へ戻る

立証責任の転換

交通事故は、民法上の不法行為(民法709条)にあたるため、本来であれば民法の定める不法行為の成立要件を被害者側で証明しなければ損害賠償請求することができません。もっとも、交通事故による被害者をより実効的に権利救済する観点から、自動車損害賠償保障法(自賠法)3条ただし書きは、過失の立証責任について,加害者側が自ら過失が無かったことを立証しなければならないとして、通常被害者が負担するべき過失の立証責任を加害者に負担させています。すなわち、同条は、「自己のために自動車を運行の用に供する者は、その運行によつて他人の生命又は身体を害したときは、これによつて生じた損害を賠償する責に任ずる。ただし、自己及び運転者が自動車の運行に関し注意を怠らなかつたこと、被害者又は運転者以外の第三者に故意又は過失があつたこと並びに自動車に構造上の欠陥又は機能の障害がなかつたことを証明したときは、この限りでない。」と規定しています。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ