交通事故の用語集

一覧へ戻る

積極損害

交通事故による財産的損害のうち、実際に支払った又は支払うことになる費用のことを積極損害といいます(反対概念は消極損害です)。交通事故により被害者が負担せざるを得ない費用は、必要かつ相当な範囲で損害として認められます。具体的には、怪我の治療に必要な費用(例えば、入通院する際の治療費、器具薬品代、入院中の特別室使用料、通院のための交通費)、付添看護費(例えば、入通院する際に付添人が必要な場合のその費用、後遺症が残る場合の将来にわたって看護するために必要な費用、職業介護人に支払う費用)、家屋・自動車などの改造費(例えば、後遺症が残り、生活するためには家屋や自動車を障害に合わせて改造する必要が有る場合の費用)などが積極損害として必要かつ相当な範囲で認められる可能性があります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ