交通事故の用語集

一覧へ戻る

示談書

交通事故における示談書というのは、交通事故の損害賠償を示談交渉で解決し、その内容を文書にしたものです。事故の発生日時、発生場所、車種、登録番号、被害状況、当事者の住所、氏名、示談内容、作成日時などを記載します。交通事故のほとんどは示談によって解決されます。いったん示談書にサインをしてしまえば、それだけで和解契約が成立したことになり、任意保険の保険会社(保険会社の示談の交渉担当者をアジャスターといいます)は示談書を盾にして、それ以上の支払いは拒絶することになるでしょうから、示談書へのサインは慎重にしましょう。また、示談金をもらってから、同時に示談書にサインすることが大事です。それができない場合(金銭の受領は後日になる場合、分割払いになる場合など)、示談書を交わすうえで交通事故の被害者にとって大事なことは、示談交渉が終わっても金銭の受領が済むまでは領収書を出したり示談書に「領収済」などの文言を入れないということです。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ