交通事故の用語集

一覧へ戻る

無職者の休業損害

交通事故の被害者が、事故時に無職の場合、休業損害は認められないのが原則です。なぜなら、交通事故がなければ得られたであろう収入を観念することができないからです。ただし、その被害者に労働能力と労働意欲があって、就労の可能性があると認められる場合には、休業損害が認められる可能性があります。もっとも、実務においては、損害として認められる金額については、平均賃金を下回ることが多いのが現状です。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ