交通事故の用語集

一覧へ戻る

無保険車傷害保険

契約者や一定の契約者の親族、同乗者が、自動車保険に入っていない、または保険に入っていても補償内容が不十分な自動車との事故により死亡または後遺障害を被った場合に、加害者(無保険車を運転中の者などが含まれます)が負担するべき損害賠償額のうち、自賠責保険などの保険金額を超える部分に対して保険金が支払われる保険のことを無保険車傷害保険といいます。ただし保険金が支払われるのは死亡・後遺障害に限られ、一般的には、治癒する傷害には支払われませんし、入院で仕事ができない間の補償などの休業損害や、車の修理代などの物損も、無保険車傷害保険では補償されません。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ