交通事故の用語集

一覧へ戻る

治療関係費

治療関係費は、積極損害の分類の一つですが、これには、治療費、入院費などのほか、診断書作成費などの文書料も含まれます。治療関係費については、要した実費全額が損害として認められるのが原則です。裁判例で問題になる点としては、まず、病院の特別室使用料があります。これについては、医師の指示があった場合や、症状が重い場合、空き室がなかった場合など、例外的な事情がある場合に損害として認められる傾向があります。また、裁判例でしばしば問題になる点としては、症状固定後の治療費が損害に含まれるのか、過剰診療や高額診療の場合、損害として認められるのか、鍼灸・マッサージ・温泉治療費などは損害に含まれるのか、などが争われます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ