交通事故の用語集

一覧へ戻る

死亡逸失利益

交通事故によって、被害者が死亡したり、後遺障害が残ってしまい、本来得られるべきだった収入が得られなくなった分の損害を逸失利益といいます。交通事故により後遺障害が残って、労働能力の一部を失った場合の逸失利益については生活費控除率による生活費の控除は問題にならないのですが、死亡事故の場合には、逸失利益を算出するにあたり、生活費の控除が問題になります。これは、被害者が死亡した場合には、事故後の収入が得られなくなる反面、被害者が死亡しているので生活費もかからなくなることから、被害者が支出することになったであろう生活費分として、収入の一定割合分(これを生活費控除率といいます)を差し引いて計算すべきという考え方に基づくものです。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ