交通事故の用語集

一覧へ戻る

死亡慰謝料

交通事故の被害者が死亡した場合、被害者は加害者に対して慰謝料を請求することができ、この慰謝料請求権が遺族に相続されます。これを死亡慰謝料といいます。また、被害者が交通事故によって死亡した場合には、被害者の遺族にも独自の慰謝料請求権が認められます。この死亡慰謝料についても、後遺障害慰謝料の場合と同様に、裁判実務においては、一定の目安としての金額の基準があります。同様に、自賠責基準、任意保険基準もあります。たとえば、裁判所基準による死亡慰謝料は、一家の支柱ですと2800万円、その他の方で2000万円-2500万円です。これが任意保険基準だと、約1300万円‐1600万円、自賠責基準だと本人は350万円(遺族は、請求権者1名の場合は本人慰謝料に加えて550万円、請求権者2名の場合は本人慰謝料に加えて650万円、請求権者3名以上の場合は本人慰謝料に加えて750万円)という差があります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ