交通事故の用語集

一覧へ戻る

東洋医学

交通事故の治療において、鍼灸やマッサージ等の医師以外が施術する場合(これらを一般的に東洋医学といいます)の治療費は、施術の客観的な治療効果の判定が困難であること、施術者によって技術が異なり、方法や程度も多様であること、施術費の算定についての明確な基準がないこと、などの理由から、その治療費が損害として認められるためには、原則として医師の指示により施術を受けたことが必要です。もっとも、医師の指示がない場合でも、症状の回復に有効で、施術内容が合理的かつ費用、期間も相当な場合には、損害として認められることもあります。同じように、温泉治療費についても、医師の指示があれば損害として認められることもあります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ