交通事故の用語集

一覧へ戻る

普通取引約款

任意保険契約、運送契約、銀行取引契約など、不特定かつ多数の顧客と同じ内容の契約を結ぶために使われる定型化された契約を、単に約款といったり、普通取引約款といったりします。交通事故に関していえば、任意保険の契約内容は、任意保険会社が定めた普通取引約款に従います。普通取引約款による契約は、同じ内容の契約を大量に処理するのには便利ですが、他方で、普通取引約款は、保険会社などの大企業の側が一方的に作成するため、顧客の側からしてみれば、約款に定められた契約内容について個別に交渉する余地は基本的にありませんし、(特に個人顧客の場合には)約款の条項を全て読んで理解したうえで契約することはまずありません。その結果、特に免責、解約、違約金などの約款中の条項について、 顧客にとって予期していなかったような不利益を受けることがあり、このことが裁判で争われるケースが多いのです。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ