交通事故の用語集

一覧へ戻る

損益相殺

被害者やその相続人が事故によって何らかの利益を得た場合、その利益分を損害賠償額から控除されることを損益相殺といいます。損益相殺を行う理由は、交通事故によって損害を受けたとしても、他方で損害のてん補を受けているのであれば、それ以上に被害者が損害賠償を受けて二重に利得するのは不公平であるという点にあります。損益相殺の典型的なものとしては、たとえば、自賠責保険の損害賠償額や政府保障事業によるてん補金額は、いずれも損害のてん補を目的とするものであって、損益相殺の対象となります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ