交通事故の用語集

一覧へ戻る

損害保険料率算出機構

損害保険料率算出機構というのは、自賠責損害調査事務所を設置している団体です。公平中立な立場で加害者の責任の有無などを調査しています。具体的には、損害保険会社等からの依頼に基づき、全国の都道府県庁所在地等に設置した自賠責損害調査事務所において損害調査を行い、その結果を保険会社に報告しています。交通事故の後遺障害は、被害者自身が勝手に決められるのではなく、損害保険料率算出機構に認定申請をして、その調査事務所が、被害者に後遺障害が実際にあるかどうか、その等級の査定をして、認定するか否かが決定されます。この機構は、公的な機関ではなく、損害保険会社各社によって作った機関で、あくまでも民間団体です。ですから、調査事務所の等級認定には法的な拘束力がなく、認定された等級に不服がある場合は、その認定に対する異議申立をすることもできます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ