交通事故の用語集

一覧へ戻る

慰謝料請求権の相続

不法行為により被害者が死亡した場合、被害者の慰藉料請求権は、生前に請求の意思を表示せずとも相続の対象となるとされています。最高裁判所もこの点について、「損害の発生と同時にその賠償を請求する権利すなわち慰藉料請求権を取得し、右請求権を放棄したものと解しうる特別の事情がないかぎり、これを行使することができ、その損害の賠償を請求する意思を表明するなど格別の行為をすることを必要とするものではない。」と判断しています。もっとも、この考え方に対しては、慰謝料請求権をすでに存在していない死者がいったん取得するとすることの論理的な矛盾が指摘されており、学説上は議論のあるところです。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ