交通事故の用語集

一覧へ戻る

後遺障害

交通事故で負った怪我が完治せず、症状固定となった後に残存する障害であって、医師による後遺障害診断書などに基づいて後遺障害等級認定を受けたもののことを後遺障害といいます。他方、怪我が完治せず症状固定となった後に残る支障や痛み一般を指して後遺症といいますが、後遺症がある方の全てが損害賠償請求をすることができるわけではありません。後遺障害の認定は損害保険料率算出機構が行いますが、そこで後遺障害があるという認定を受け、満足のいく等級認定を受けるのはそれほど簡単ではありません。交通事故の損害賠償請求にあたっては、後遺障害について正当に等級を認定してもらうことが非常に重要となります。後遺障害が残った場合、本来であれば得られるはずだった将来の収入分(逸失利益)を損害として請求することができ、これを後遺障害逸失利益といいます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ