交通事故の用語集

一覧へ戻る

後遺障害等級認定

交通事故の被害者の後遺障害が、自賠法施行令の定める等級のうち、どの等級にあたるのかについて、損害保険料率算出機構の内部組織である自賠責損害調査事務所(全国各地に設置されています)が判定することを後遺障害等級認定といいます。等級は、後遺障害の内容に応じて定められており、認定を受ける手続としては、まず医師に後遺障害診断書を書いてもらいます。任意一括払いの場合は、任意保険会社が調査事務所に対して事前認定を申請し、その回答を被害者が任意保険会社から受け取ります。この回答にもとづき、任意保険会社との示談交渉が始まります。被害者請求の場合は、被害者が自賠責保険会社から、認定等級の通知を受けることになります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ