交通事故の用語集

一覧へ戻る

後遺障害慰謝料

後遺障害慰謝料は、慰謝料の一種であり、慰謝料というのは、被害者に生じた精神的損害をてん補するものです。実務上は、慰謝料は、被害者が死亡した場合の死亡慰謝料、入通院した場合の入通院慰謝料、後遺障害が残った場合の後遺障害慰謝料に分けて算定されます。また、ある程度統一的に処理する必要があることから、基準額が決められており、それを基礎として算定されます。重度後遺障害事案については、近親者が現実に被害者の介護をしなければならないことから、近親者について別途慰謝料を認めることが多いといえます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ