交通事故の用語集

一覧へ戻る

後遺症

怪我が完治せず症状固定となった後に残る支障や痛み一般を指して後遺症といいます。つまり、後遺症というのは医学的治療が終了した後もなお残った症状のことですから、その症状を労働能力の喪失が生じているかどうかという観点からとらえる後遺障害とは異なりますが、同じ意味で使われることもあります。自賠法施行令2条1項2号は、後遺障害を「傷害が治ったとき身体に存する障害をいう」としか定義づけていませんが、実際には、後遺障害というのは、交通事故で負った怪我が完治せず、症状固定となった後に残存する障害であって、医師が作成する後遺障害診断書などの資料に基づいて後遺障害等級認定を受けたもののことをいいます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ