交通事故の用語集

一覧へ戻る

基礎収入

休業損害や逸失利益の算定の基礎となる収入のことを基礎収入といいます。基礎収入は、原則として被害者が実際にもらっていた交通事故時の現実の収入とされています。ただ、若年者で後遺障害が残った場合や交通事故時にたまたま無職であった場合など、特別な事情がある場合には、逸失利益が著しく低額となることを防ぐため、公平の観点から、労働者の平均賃金に基づいて算定されることもあります。家事従事者や未就労者についても、原則として平均賃金額(賃金センサスによる。具体的には、全年齢平均賃金又は学歴別平均賃金による。)を基礎に算定します。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ