交通事故の用語集

一覧へ戻る

固有装置説

自賠法上の責任が認められる条件の1つに、運行によって他人の身体を害した場合という条件があります。そして、「運行」とは、自賠法第2条2項で「人又は物を運送するとしないとにかかわらず、自動車を当該装置の用い方に従い用いることをいう」と定められています。この運行の概念については、専ら「当該装置」をどういうように解釈するかという形で議論されてきましたが、現在では固有装置説が一般的です。固有装置説というのは、自動車固有の装置の操作も運行に含むという考えで、たとえば、ミキサー車のミキサーの回転や、フォークリフトやシャベルローダーの操作中も運行に含まれます。固有装置説によれば、このような、駐車中の特殊自動車の操作による事故の場合も、自賠責保険の適用範囲になります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ