交通事故の用語集

一覧へ戻る

労働能力喪失率

交通事故で後遺障害(後遺症)が残った場合、その障害の重さによって、労働能力が減少するのが普通です。労働能力喪失率というのは、交通事故によるこうした労働能力の低下の程度のことです。実務上は、労働能力喪失率は、労働能力喪失率表の数値によることが多いですが、被害者の職業、年齢、性別、後遺症の部位、事故前後の稼働状況などの様々な事情を考慮して、労働能力喪失表の喪失率と異なる喪失割合が認定されることもあります。たとえば、実際の減収が生じていない場合であっても、本人の努力などによって減収を免れているとして逸失利益を認めている裁判例もあります。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ