交通事故の用語集

一覧へ戻る

労働能力喪失期間

労働能力喪失期間は、交通事故によって生じた後遺障害によって、何年間にわたって労働に影響が出るかということを前提とする概念です。原則として始期は症状固定日ですが、未就労者の場合は18歳(大学卒業を前提とする場合は大学卒業時)です。終期は、原則として67歳ですが、症状固定時から67歳までの年数が平均余命の1/2より短くなるような高齢者の労働能力喪失期間は、平均余命の1/2とされることがあります。その他、事案に応じて、職種、地位、健康状態などを考慮した判断がされることもあります。一般的に、いわゆるむち打ち症の場合には、労働能力喪失期間が限定されるケースが多いといえます(これもケースバイケースではありますが)。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ