交通事故の用語集

一覧へ戻る

割合認定

割合認定は、素因減額に関して使われることがある用語で、要は、加害行為と損害の間に因果関係があり、被害者の心因的要因、体質的要因が損害の拡大に寄与している場合で、損害の全額を加害者に負担させるのが公平でないときに、民法722条2項を類推適用し、素因を考慮し損害の算定をするものです。交通事故の被害者が自殺をしてしまった場合に、事故との因果関係を肯定する場合にも、裁判例は心因的要因の寄与を理由とする減額を肯定しています。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ