交通事故の用語集

一覧へ戻る

刑事責任

刑事責任というのは、交通事故の加害者が負うべき責任の類型の一つです。交通事故を起した者が犯罪を犯した者として問われる責任であり、たとえば、業務上過失致死傷罪等で処罰されることがあります。また、刑事責任とは別に、交通事故の加害者は、被害者に対する損害賠償責任などの民事責任を負うこともありますし、運転免許の取消や停止の処分といった行政上の責任を負うこともあります。交通事故が刑事事件として扱われた場合、まずは検察官が起訴するか否かを判断し、起訴した場合には、裁判所がその刑事責任を決めることになります。交通事故の被害者の怪我の程度が軽く、加害者の悪質性が高くない場合には、検察官は不起訴処分にすることが多いです。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ