交通事故の用語集

一覧へ戻る

刑事事件記録

交通事故で過失割合が争いになっている場合など、事実関係に争いが生じる場合、事故の態様などを明らかにするためには、刑事事件記録の取得が有効です。刑事事件記録には、例えば、実況見分調書、供述調書(録取書)、刑事事件の判決文などといったものがあります。なお、刑事事件記録は、警察で捜査中の段階では、謄写できません(刑事訴訟法47条)。起訴後であれば、被害者参加制度を利用している場合には、検察庁が公判提出用の証拠資料を整理した段階で、原則として謄写させてもらえる運用になっていますし、裁判所に刑事事件記録の謄写を申し込むことができます(謄写には裁判所の許可が必要。犯罪被害者保護法3条)。判決確定後は、検察庁に刑事事件記録の閲覧・謄写を申し込むことができます(刑事確定訴訟記録法)。また、事件が不起訴処分となった場合、原則として非公開ですが、実況見分調書は入手できますし、他の資料についても、検察庁に、刑事事件記録の閲覧・謄写を申し込むことができます。

弁護士による交通事故の示談・慰謝料増額の無料相談【HOME】へ

一覧へ戻る

  • 交通事故で被害に遭われた方、そのご家族の方へ。
    損害賠償・示談の相談は、無料相談からお問い合わせください。
  • フリーダイヤル0120-980-856
  • 365日24時間いつでも受付中!
    お気軽にお電話ください!

  • 無料ご相談フォームへ